メールマガジン:情熱社長倶楽部|About us 企業情報|第二創業期を支える経営支援ならソリューション

企業情報

メールマガジン

企業経営者必見の直球メルマガ 情熱社長倶楽部

メールマガジン情熱社長倶楽部は、「会社を成長させたい」「社員に成長してほしい」と考える中小企業の経営者の方に「10年連続成長のための会社経営ノウハウ」をお伝えする【経営者のための会社経営メルマガ】です。
今すぐ登録して分かりやすい会社経営のコツを手に入れてください。登録は無料です。

メールマガジン登録,ソリューション



「会社経営のポイント」とは? 会社経営とは?


会社経営のコツとポイント

「会社経営とは何か?」に対する最もシンプルな答えは、『会社を絶対に潰さないこと』と『社員と組織の成長を引きだすこと』の2つです。
個人事業から会社へ、さらに企業へと成長していくには『組織』が必要となります。そして『どんなに素晴らしい組織』でも、組織に問題がなくなることは絶対にありません。これが会社経営に悩みはつきないといわれる所以ですが、新たな成長が、新たな問題を生む訳ですから【新たな問題】は企業成長の証といえるのです。
メルマガでは、「企業成長による新たな問題」への取り組みの成功事例を、週一でお届けします。



無料登録はコチラから! 経営者メルマガ・情熱社長倶楽部


経営者のための会社経営メルマガ:情熱社長倶楽部とは?

経営者向け経営メルマガ:情熱社長倶楽部

配信部数:16,000部(2016年7月現在)
配信対象者:中小企業の経営者様  配信周期:週2回
発行者:株式会社ソリューション
購読料:無料メールマガジン

 

経営者のための直球経営メルマガ『情熱社長倶楽部』は、会社経営で欠かせない組織作りのヒントとコツを経営者の皆様に「日本一分かりやすく」お伝えする経営者向けメールマガジンです。

●社員のモチベーションアップの仕掛け
●できる自立社員が育つ仕組み
●優秀な人材を獲得する人材採用のコツ
●経営者のための経営セミナー情報・経営者向け経営サービス情報

など、経営者の「人と組織の開発」に役立つメルマガ情報を発信しています。

情熱社長倶楽部では、「人と組織の開発」の現場を通じてソリューションの経営コンサルタントがみた『成長する会社経営のポイント』や、新入社員が感じる「仕事におけるリアルな気づき」など、現場で使える骨太ノウハウが満載です。経営者のための経営メルマガ『情熱社長倶楽部』を、ぜひ御社の会社経営・組織開発・人材育成・人材採用のご参考にお役立てください。

 


経営者メールマガジンサンプル:

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼『 おしらせ 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■会社の方向性を揃えたいのなら、価値観の違いを体感することです


 ⇒価値観の違いは“未来を決める”ときに明らかになる
   http://www.solution-hr.com/sol/seminar/hifumi/keieikeikaku/


★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
2012/08/30 第235号
              【情熱社長倶楽部】
─…─…──…─…─…──…─…─…──…─…───…─…───…─
14,315部発行    中小企業経営者さま向け、第2創業支援メールマガジン
★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
▲         ☆★☆ 今週の気付き大賞 ☆★☆         ▼ 
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


     『 真逆のものだからこそ引き立たせ合う。
         真逆のものも知っておかなければ。 』
                        (迫田 有喜)


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼【1】『 若手社員の発見日記 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「どっちでもいい」から「こっちがいい」へ


こんにちは!
新卒2年目の小林が担当させて頂きます。
今回は“決めてみること”をテーマで書かせて頂きます。


最近は、クライアント企業様での会議同席や
ちょっと重要度の高い社内会議にも参加する機会も増えてきました。


そこで、自分からすすんで「これがいい!」「やってみたい!」
と意志を主張することの大切さをヒシヒシと感じています。

例えば、社員の方々でランチを食べに行くことになり、


 Aさん「カレーが食べたい」
  Bさん「パスタが食べたい」
  Cさん「なんでもいい」
  Dさん「唐揚げ定食がいい」


という話になったとき、


Cさんの意見が取り入れられることはほぼないのです。
まず議論の対象から外れます。


周りが厳しく接しているわけでもなんでもなく、
「どうしたいのか」という意志がないのですから、
組織全体の行動に反映したくても、できないのです。


戦略や行動を決定するときに、こんな
「どっちでもいい」という人ばかりだったら、もう大変です。


決定に時間がかかりすぎるのはもちろんですが、それどころか
最悪の場合、何も決まらないこともありえます。
このスピード感のなさは、もはや致命的です。

 

みんなが意志を出す組織だったら、こうなります。


 Aさん「うどんが食べたいしそばも食べたい」
  Bさん「フランス料理がいい。白ワイン付きで」
  Cさん「たこ焼きがいい」
  Dさん「今は何も食べたくない」


なんだかめちゃくちゃですが、
これくらいで僕はいいと思うのです。


もちろん、会社組織においては、その意見が、
全体の目的(理念)に沿っているかはとても重要かと思いますが。


意見が出すぎてしょうがない。
時には意志のぶつかり合いが起こる。


そんな組織にいる社員の方々は、元気で楽しそうですし、
目がイキイキしてるんです。


常に目的を軸に、意志が湧き出る組織。
結局こんな組織が成果を出すと思うのです。


このメルマガをお読みの経営者の方はぜひ、


まずはランチから、社員の方々の「どっちでもいい」度チェック
をしてみてはいかがでしょうか?


そして、必要ならトレーニングをしたらいいのです。
毎日訪れるほんの小さな
「どっちでもいい」ことを「こっちがいい」へ。


最後までお読み頂きありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。


組織人事アソシエイト
小林 龍哉


╋━PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
▲         【 変える決断には覚悟がいる 】       ▼
       今を続けることと、未来を創ることはまったく違う。
        http://www.solution-hr.com/sol/seminar/hifumi/keieikeikaku/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼【2】『 実践!経営者のための組織構築法 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■現状をどう捉えると、人は成長するのか?


皆さん、こんにちは!
爽やか支社長こと飯田がお送りさせて頂きます。


暑い日が続きますね!
体調は崩されてませんか?


夏は、私が一番好きな季節なんです!・・・雨が降らないから(笑)!


小学2年生の頃から、新聞配達をしていた私にとっては、
この季節はとても起きやすく、また晴れも多く、外も明るく、
気持ちのいい朝が多かったことが今でも思い出されます。


うちがあまり裕福ではなかったので、昔は、兄弟で協力して
新聞配達したり、内職をしたりしてました。


でも、不思議と『苦労してる』という感覚は一回もなかったんです。


そう!私は忍耐強いんです!


そんなことが言いたいわけではなく、本当に楽しかったんです!


なぜでしょうか???


そこには、いつも兄がいました。
※ちなみに、私は三男坊。


「今日の配達、どっちが早く終わるか!競争しようや〜!」


「今日の内職は、しりとりしながらやろう!」


「ここまでやっといたら、オカン(母親)がめちゃ喜ぶぞ〜!」


とか。本当にいつもワクワクしながらやっていたからだと思います。


もし、これが、本当に苦しいものだったら続かなかったと思います。


兄からもし、


「俺達はほんまに最悪や。両親もいないし、
  いつ家族が潰れてもおかしくないぞ」


なんて言われていたら…?


今思えば、兄達に感謝です。
そして、『働いて稼ぐ』という貴重な経験をさせてもらった母親に感謝です。


父親はもちろん、母親から育てられたというよりは、
兄達に育ててもらった、その家庭環境が育ててくれたという方が
正しいと思いますが、確実に私はちゃんと(?)育ちました。


人が育つっていうのは、そういうことなんですね。


 

会社組織も同じ。


誰と過ごし、どんな環境で、働く時間をいかに楽しめるか?


はたから見ると、たとえ『苦労』に見えたとしても、
本人にとっては『究極の楽しみ』にもなるということですね!


人の成長で悩む企業は多いです。


こんなことからも変えていければよいのではないでしょうか?


人が育つのは、関係と環境。


皆さんの組織の成長に少しでも活かして頂ければ幸いです。


それでは、また!


〜日本中の企業を元気に!〜
人と組織の開発屋
飯田 元輔
※Facebookはこちら!
http://www.facebook.com/gensuke.iida


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼【3】『 編集後記 』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――― ≪気付き大賞から:今週の実践≫ ―――――――


    『 真逆のものだからこそ引き立たせ合う。
        真逆のものも知っておかなければ。 』
                       (迫田 有喜)


・自分と間逆の人を探し、間逆なところを言葉にしてみる
・間逆だからこそ、引き立たせ合う部分を言葉にしてみる


─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─

■どんな情報がもっと聞きたいですか?


いつも最後までお読みいただきありがとうございます。
情熱社長倶楽部編集長の大谷です。


けっこうな文章量のメルマガですが、なるべく抵抗なく
すら〜っと“読めちゃう”ことを目指して、毎号編集しています。
今週号はいかがでしたか?


私が編集長となった当初(vol.101〜)は、このメルマガでは


 ・企業様であった事例
  ・経営者ならおさえておきたい組織論


をお伝えするつもりでした。


しかし今では、事例はあまり求められていないのかも?
と思っています。


 ・若手コンサルタントが感じていること


を赤裸々に語ったほうが、ご感想をお寄せいただくことが
多かったのです。だから、今では事例に固執していません。
(それでも、時々てこ入れしますが)


読者の方々のお声によって変化を続ける『情熱社長倶楽部』。


「社員に転送しているよ」
「うちの会社でも“気付き”を始めてみた」
「もっと手法が知りたい」


どんなふうにご活用いただいているか、
どんなことを期待されているか、あるいはご感想などなど
ぜひご自由にお声をお寄せください〜!


https://f.msgs.jp/webapp/form/16161_pxx_29/index.do


─…─…──…─…─…──…─…─…──…─…───…─…───…─
<ご意見・ご感想はこちらまで>
  jyonetsu@solution-hr.com


本メルマガの転送や、ご友人へのご紹介は大歓迎です!


<メルマガ登録はこちら>
→ http://www.solution-hr.com/magazine/
<メルマガ登録アドレス解除はこちら>
→ https://f.msgs.jp/webapp/form/16161_pxx_33/index.do


◆━━日本中の企業を元気に!━━◆━━━━━━━━━━━━━━∞∞◆
この週刊メールマガジン【情熱社長倶楽部】は、
【第2創業期を迎える企業経営者】のためのビジネスマガジンです。
メルマガにご登録された方、弊社社員と名刺交換させて頂いた方、
弊社にお問い合わせを頂いた方にお届けしております。


ソリューション http://www.solution-hr.com/
《東京オフィス》 東京都渋谷区渋谷3-8-12 渋谷第一生命ビル5F
          Tel:03-6431-9480 Fax:03-5774-2201
《大阪オフィス》 大阪府大阪市中央区淡路町4-7-5 本町ハイエストビル6F
          Tel:06-6203-0222 Fax:06-6203-2255
《代表小西HP》 http://www.konishi-masayuki.com/
《メンバーブログ》http://ameblo.jp/solution-50km/
《編集長twitter》 http://twitter.com/#!/jyonetsu_shacho
《編集長Facebook》http://www.facebook.com/#!/shunji.otani


─…─…──…─…─…──…─…─…──…─…───…─…───…─
【編集長】コンサルティング事業部 大谷俊司
◆∞∞━━━━━━━━━━━━━◆━━━━━━━━━━━━━━∞∞◆


第二創業支援サービス communication Bridge Management

  • CBMP Service 01 理念構築支援
  • セミナー
  • 事例
  • CBMP Service 02 中期経営計画策定支援
  • セミナー
  • 事例
  • CBMP Service 03 人財採用支援
  • セミナー
  • 事例
  • 会員制勉強会
  • 月次支援
  • 組織診断サービスCUBIC
  • 無料週刊メールマガジン 情熱社長倶楽部
  • 有料週刊メールマガジン 情熱社長倶楽部NEXT

詳細情報やサービスに関しては、お気軽にお問い合せください。受付時間 平日10:00〜18:00 東京オフィス:03-6431-9480 大阪オフィス:06-6203-0222 福岡オフィス:092-434-0100 インターネットからのお問合せはこちら

TOP