企業情報

書籍のご紹介

「儲かる会社」の朝の習慣

ビジネス書籍情報: 

「儲かる会社」の朝の習慣

小西 正行 (著) 単行本: 207ページ 中経出版

■「儲かる会社」の朝の習慣
誰でもできるのに、みんなやらない朝の習慣

離職率が60%もあり崩壊寸前だった会社が、『朝の習慣』を変えただけで、やる気と活気にあふれた会社に大変身。10年で売上げ30億の会社に急成長した。誰でも簡単にできるのにみんなやらない朝の習慣とは?

大切なのは誰でも続けられるようなことを、
誰もが続けられないくらいに徹底して行なうことである。(本文より)


儲かる会社とは何だろう?

儲かる会社とは、強い会社と言い換えた方がよいだろう。外部環境に左右されず、それこそ、不況になろうが、どんな状況になっても業績が下がったりしない。その根幹に確実にあるのは、筋の通った経営理念。すなわち価値観がしっかり制定されている会社だ。----まえがきより抜粋。

離職率60% 崩壊寸前だった会社に、新卒社員12名が入ってきた!

本文より抜粋----

平成14年、ぼくは社員を集め、会社の改革宣言をした。
理念経営、新卒採用、歩合給廃止である。
これで、25人いた営業が翌年には8人に激減。それでも業界全体は好調で、うちの売上もなんとか微増を確保した。
15年4月には待望の新卒社員を迎え、再び総数は25人になった。

採用試験や面接のときに会った先輩社員がどこを探してもいないというのは、新入社員の目には、さぞ異常な会社に映ったことだろう。

《中略》

彼らには、朝の習慣を通して「自分たちが成長しない限り、会社の成長もない」という意識づけをすることができた。ぼくはこのとき、売上至上主義経営から完全に脱却し、理念浸透型経営の成功を確信した。そして、悪徳リフォーム騒ぎや偽装問題などが相次ぎ、業界が氷河期になった平成17年も、結果的に売上を落とすことなく乗り越えることができた。

◎特別付録「儲かる会社」になるための10のチェックリスト付き!

 


【無料プレゼント】ダウンロード6,000部突破「元気が出る朝礼ハンドブック」

不景気でも130%以上の成長を続ける会社の秘密は「朝礼」にあり! 元気が出る朝礼ハンドブック

社員の“やる気”を引き出す朝礼のやり方。朝礼の本当の目的とは?

経営者・経営幹部のための「元気が出る朝礼」のやり方・進め方を全18ページ、分かりやすくお伝えします!【無料】

朝礼マニュアル・朝礼のやり方


詳細情報やサービスに関しては、お気軽にお問い合せください。受付時間 平日10:00〜18:00 東京オフィス:03-6431-9480 大阪オフィス:06-6203-0222 福岡オフィス:092-434-0100 インターネットからのお問合せはこちら

TOP