組織診断サービス | 第二創業支援サービスのご紹介 | 第二創業期を支える経営支援ならソリューション

Service どのように取り組むのか?

組織診断サービス

 

「問題のない組織」は、欠点のない人間と同じく存在しません。
経営者として大切なことは、問題のうち「何が課題なのか」を正確に把握しておくことです。
ソリューションでは、正しい課題設定を行うために、目には見えない組織風土を数値化し、組織課題を明確にする 【SOL組織風土診断】 をご提供しています。

組織風土とは?

組織風土とは? 組織風土が違えば、採るべき戦略も違う。

  • チャレンジを恐れない社風にしたい。
  • 一人ひとりが主体的に考えて動く会社にしたい。
  • 自由に本音でモノが言える社風にしたい。
  • 人が育つ企業文化をつくりたい

これらは、多くの経営者の方が、求める組織風土の例ですが、何をすれば、こういった組織風土が実現するのでしょうか。

組織風土とは、社員一人ひとりの無意識の行動パターンから生まれた『目には見えない組織の体質』です。

組織メンバーの行動をパターン化させる要素としては、経営方針・体験・考え方・価値観・ルール・慣習などがあり、これらがメンバー同士の「信頼感・安心感」「危機感・一体感」「率直なコミュニケーション」「適切な判断・アイデアの共有」「役割への責任感・貢献への挑戦意欲」「感謝・助け合う姿勢」などに影響を与え、組織風土を形成していきます。

組織風土は『目に見えないもの』ですが、メンバーのモチベーション・行動スタイル・生産性に大きな影響を与えています。自社の組織風土を無視して、従来の経営ノウハウによる組織改革や経営革新を進めることは、『病院で医師の診断や検査を受けずに、あなたの自覚症状で問診表を書き、大手術を受ける』のと同じ危険を実は、はらんでいるのです。

組織風土と組織文化の違いとは。

組織風土は、社風ともいわれます。もう一つ、組織風土と似た意味に使われることが多い言葉として【組織文化・企業文化】があります。企業文化は、思想的なバックボーン(理念・企業哲学など)が明確かつ、組織に根付いており、その思想がメンバーの基本行動に影響を与えている状態(いわゆる理念浸透の状態)の組織に用いられます。組織風土が、空気のように自然に漂うものに対して、企業文化は、共通の思想・理念・コミュニケーションによって、意識的に作り上げられるものだといえます。

こういった思想や理念・企業文化の有無に限らず、すべての企業に組織風土は存在しています。いわば「目に見えない経営資源」が組織風土であり一度、身についた習慣を変えるのが難しいように、組織風土は、自然には良くなりません。

組織風土改革の最終ゴールは「良質な企業文化の形成」にありますが、企業文化の形成には、人の成長と長い年月が必要です。まずは経営体質を変え、組織風土の改革を図ることから進めてください。

組織風土が違えば、求める成果も異なります。 求める人物像の設定

求める人物像

中小企業では【大企業の優秀な人材】が求める人材とは限らない。

例えば、組織風土の影響を示すものとして、中小企業における人材採用を考えてみましょう。中小企業では、組織風土にあわない人物の場合、一般的に見てどれほど優れた人物であっても、成果を上げられるとは限らず、多くの場合離職につながります。
これは業務プロセス・役割が明確である大手企業に対して、中小企業ではプレイングマネジャーなど役割の兼務が一般的であり、一つに特化した能力よりも、より広い『適性の幅』や、コミュニケーション能力といった専門外のヒューマンスキルがより必要になる傾向にあるからです。

さらには、大手企業に比べ人数の少ない中小企業では、組織風土や社風といったものが、経営者の影響を中心に、より色濃く出る傾向にあり、これになじめるかどうかといった【能力とは全く関係ない条件】が、人材の定着率に大きく影響してくるのです。中小企業の採用コンサルティングにおいて、ソリューションが『学力』ではなく『適性の幅』を重視した選考、をお勧めしている理由の一つです。

どうやって組織風土を変えるか? 「やらされ感」では成果は持続しない。

組織風土を生み出す要素として、目には見えないものでは、経営者の考え方・マネジメントのスタイル、目に見えるものとしては、社内のルール・制度・経営戦略などがあります。特に経営トップの考え方や価値観は、組織風土に大きな影響を与えます。
例えば、「どんなことにも、細かく指示や命令を出すマネジメントスタイルの組織」では、何をするにも報告・確認が必要で、この組織では、「チャレンジを恐れない社風」は育ちにくいといえます。

組織風土は、社員の意識の集積です。組織風土を変えるには、社員一人ひとりが「自分が源」となり、【主体的に意識を変える】ことが大切です。
不祥事の防止に対して、ルールや内部統制を一方的に強めても、根本的な解決にはならない事例からも分かるように、トップ主導で、メンバーの同意を抜きに、「無理にやろう」とすると「やらされ感」が募り、一時的に成果があっても、すぐに形骸化してしまいます。組織改革が進まない理由で、一番多いのは、「トップダウンで、全社員に一様にやらせてしまう」ことです。

  • タテマエ論はさけて、本音で話し合う場を設ける。
  • 明るく、楽しんで、プラス思考でやる。
  • メンバー自身の思いを、組織風土改革を通じて実現していく。

このような取組みを通じて、【改革に前向きな熱をもった社員】を少しずつ増やしていくことが、組織風土改革を成功させる唯一の方法だといえます。

TOP

組織風土診断の役割とは

すべての組織改革は、まず組織風土の把握・分析から。

組織風土には、個人の個性と同じく、何ひとつとして同じものは存在しません。ですから、
「ある企業で成功した施策」が「自社で成功する」とは限らない のです。むしろ、成功ノウハウをマネして、上手くいく方が稀かも知れません。組織改革を成功に導くには、まず自社の組織風土の把握が大切です。そのために組織の健康診断ともいえる「組織風土診断」を受けていただくことを、ソリューションではお勧めしています。まずは、お気軽にお問合せください。

組織風土の全てを数値化して、見える化。

組織風土診断では、メンバーの意欲から、人間関係、組織関係、マネジメント機能、そして満足感までを評価・数値化し、組織問題を可視化します。 また、経営者・マネジャーとメンバーとの意識のギャップを明確にすることにより、組織風土のあり方を詳細に捉えます。
さらに、ソリューションでは、現状の問題に対する「気づきの場」を設け、問題を共有化することでメンバー各自の意識を変え、課題解決に取り組むなかで、組織風土を改革していく、組織作りプロジェクトの提案などもおこなっていきます。
SOL組織風土診断では、「組織風土を数値化し、組織の課題を設定したい」「現場マネジャーとメンバーとの認識ギャップを把握したい」といった声にお答えすることができ、現実の組織を、数値で見つめることで、改革への意識づけができるメリットもあります。

「自社で成果を出せる人材」に共通する行動特性や適性を探る。

『自社で成果を出せる人材を育成する』ためには、まず自社の既存社員を分析する必要があります。

【SOL組織診断サービス】では、まず御社で活躍しているハイパフォーマーと成果を出せていないローパフォマーを【組織サーベイツール】を使って分析し、組織メンバーの個人適性分析の全体傾向や、キーマンへのインタビュー結果などと丁寧に照らし合わせることで、今、組織内でどのような問題があるのか、メンバーがどのような課題を感じているのか、といった目に見えない課題=【組織ギャップ】を抽出し、その原因のありかを探り出します。さらにハイパフォーマーの行動特性を把握し、御社で成果を出せる人物像を割り出します。

組織風土診断導入の7つのメリット

  • 組織変革の妨げの原因(組織ギャップ)を特定できる。 →変革リーダーシップの発揮
  • 組織における不満・不安を把握し原因を特定できる。  →改善によるモチベーションアップ
  • 人物理解の組織共通の枠組みを獲得できる。      →マネジメントの最適化・効率化
  • 人物評価の視点を多角化できる。           →適材適所による組織の成長スピードアップ
  • 人物評価基準の客観化・評価の公平化。  →既存社員の自社への信頼感アップ・ES(従業員満足度)アップ
  • 人事データ収集・データ活用の効率化。  →採用の効率・精度アップ
  • 組織の活力・満足度の診断。       →自社の優位性の把握

組織風土を数値で見える化。【SOL組織風土診断】【第二創業支援サービス】へのお問合せはこちら

組織風土診断・お問合せ


 

第二創業支援サービス communication Bridge Management

  • CBMP Service 01 理念構築支援
  • セミナー
  • 事例
  • CBMP Service 02 中期経営計画策定支援
  • セミナー
  • 事例
  • CBMP Service 03 人財採用支援
  • セミナー
  • 事例
  • 会員制勉強会
  • 月次支援
  • 組織診断サービスCUBIC
  • 無料週刊メールマガジン 情熱社長倶楽部
  • 有料週刊メールマガジン 情熱社長倶楽部NEXT

詳細情報やサービスに関しては、お気軽にお問い合せください。受付時間 平日10:00〜18:00 東京オフィス:03-6431-9480 大阪オフィス:06-6203-0222 福岡オフィス:092-434-0100 インターネットからのお問合せはこちら

TOP