理念構築支援|第二創業支援サービスのご紹介|第二創業期を支える経営支援ならソリューション

Service どのように取り組むのか?

理念構築支援

〜Communication Bridge Management Program Service1〜

こんな課題にお悩みでした

  • 当面の売上を上げることに追われて、会社の未来をじっくり考える余裕が持てていなかった。
  • 3年後どんな会社になっているか、社員に5分間も語ることができなかった。
  • 先代が作った経営理念が、自社に合わないと感じる機会が増えた。
  • 顧客に対する姿勢やスタンスが、社員によって異なっていた。
  • 「約束の時間に来ない」「担当者によって差がありすぎる」「サービスの提供が雑」などのクレームが多かった。
  • 「何のためにこの事業をやっているのか?」自分の中でわからなくなってきた。

こんな効果を実感されました

  • 霧が晴れたように、とてもすっきりした。
  • やりたいことが次々と浮かんでくるようになった。
  • 自社の存在意義を、自信を持って社員に伝えられるようになった。
  • 事業の目的や使命がはっきりし、判断に迷いやブレがなくなった。
  • 何を良しとするのかが明確になって、社員が動きやすそうになった。
  • 「これぞ、原点だ!」と言えるものを手に入れた。

サービス概要

経営者の方お一人と、弊社のコンサルタントで行います。
経営者の価値観を自ら見出すこと】の一点にゴールを絞って、ワークや質問を通して、過去から現在、現在から未来の、行動に対する判断基準の深堀りをして頂きます。
対話を通じて、自己を見つめることで【経営者としての軸】をはっきりと見つけて頂きます。

Solutionからのメッセージ

『理念』って何? とても深いテーマだと思います。"ミッション"と呼ばれたり、"使命"と呼ばれたりします。理念において大切なことは、言葉ではありません。きれいな言葉を並べたところで「いい理念」はできません。重要なことは、会社としてのすべての行動に一貫性を生む「軸」になり得るかどうかです。

人には、少なからず多面性があります。経営者もしかりです。場面に合わせていろいろな面を使い分けながら生きているからこそ、我々と対話をしていくと、多くの矛盾した答えが出てきます。それゆえ、この『理念構築』という自らの価値観探しの旅は、「軸がない」とか「軸がたくさんある」とかいう状態を行き来しながら、必ず一度迷宮入りします。「何を大事にしてきたのか?」「何を大事にしていきたいのか?」経営者の方が、自分自身でよくわからなくなってしまう場面が必ず訪れます。

日常で、こうした自分の矛盾に気づくことができる経営者の方は、かなり少ないです。矛盾に気づくことができない一方、社員からは一貫性がないように見えるので、「伝えているつもりなのに、社員には伝わらない」という事態が起こるのです。

ソリューションの理念構築支援の最大のポイントは、この「伝えているつもりなのに、伝わらない」ジレンマを乗り越えることにあります。最後には、必ず「これだ!」と言える【経営者の軸】が見つかります。これこそが『理念』です。自己を見つめることなど、普段は忙しくてなかなかできない上に、"孤独な戦い"なので、なかなかやろうとも思えません。しかし、だからこそ、思い切って"時間の束"をとり、自らと向き合って頂きたいと思います。なぜなら、企業経営の"原点"がここにあるからです。我々も覚悟と決意を持って逃げずにご支援させて頂きます。人を大切に、心を大切に、「組織としてのベクトルを統一したい!」「一丸力をつけたい!」という経営者の方には、ぜひここからスタートして頂くことが、第二創業のための"はじめの一歩"となります。

第二創業支援サービス communication Bridge Management

  • CBMP Service 01 理念構築支援
  • セミナー
  • 事例
  • CBMP Service 02 中期経営計画策定支援
  • セミナー
  • 事例
  • CBMP Service 03 人財採用支援
  • セミナー
  • 事例
  • 会員制勉強会
  • 月次支援
  • 組織診断サービスCUBIC
  • 無料週刊メールマガジン 情熱社長倶楽部
  • 有料週刊メールマガジン 情熱社長倶楽部NEXT

詳細情報やサービスに関しては、お気軽にお問い合せください。受付時間 平日10:00〜18:00 東京オフィス:03-6431-9480 大阪オフィス:06-6203-0222 福岡オフィス:092-434-0100 インターネットからのお問合せはこちら

TOP