人材定着支援サービスの流れ || 人材定着支援サービス || 人材定着率アップで業績向上

Service どのように取り組むのか?

人材定着支援サービスの流れ

 

人材定着率を高めて組織成長力をアップ

若手人材の離職率低下は、あらゆる企業の課題となりつつあります。離職率が高い企業は、必ず複数の原因を抱えており、一つの課題解決を目指しても、なかなか社員の定着率を高めることはできません。定着率を高めるポイントは3つあります。

定着力を最大化する3つのポイント

採用プロジェクトを通じて、企業の価値を再確認する。

既存社員の働くことへの『意識改革』が、『ありのまま採用』を成功させるには欠かせません。採用の成功と入社後の定着率を高めるには、誇大な採用広告ではなく、企業の『ありのまま』の姿を伝え、入社前と入社後のギャップを減らす努力が大切です。

企業の『ありのまま』を伝えて、求職者に魅力を感じてもらうには、企業の価値、そこで働くメリットを『外の視点』で再確認することが欠かせません。若いメンバーに、自社で働くことのメリットや価値を考える機会を与えることで、彼ら自身の『働く動機』や『仕事の価値』を再確認することになり、働くことへのモチベーションと従業員満足度を高め、社員の離職率を低減することができます。

チャート

長期経営計画に基づく採用で、既存社員の成長意欲を高める。

成長意欲の感じられない企業に、成長意欲のある社員は定着しません。中小企業における採用の成功と人材定着には、従業員満足度の向上が欠かせませんが、大手企業と比較して中小企業は設備や制度など環境・条件面で劣ってしまうことは事実です。

そこでどうするか?『今は小さい企業』だからこそ、使えるアピールポイントが、『将来への成長ビジョン』を魅力的に伝えるということです。
このことは、既存社員にもよい影響を与えます。新卒採用には、長期の採用計画が必要です。これを既存社員に発表することで、今後、企業として、どのように成長していく意志があるのかを、社員に明確に伝えることができます。さらに定期的に意欲の高い新人が入社することで、若手社員や育成担当の現場マネジャーに、いい意味の危機感と期待感を与え、既存社員の成長意欲を刺激します。

意欲の高い人材を採用することで、企業の成長力をアップする。

中小企業の採用において大手企業に対抗できるのは、『働き甲斐』と『働いている人の魅力』につきます。『イキイキと働く社員の姿』、『魅力的なリーダーとしての社長の姿』をどれだけ伝えることができるか、が採用成功のカギとなります。

採用プロジェクトをイキイキと仕事する既存社員の協力を得ながら進めることで、求職者との接触が増え、企業への好感と組織風土への理解を得ることができます。これにより、従来の採用プロセスでは獲得できなかったような、『意欲が高く、価値観を共有できる求職者』を採用することが可能になります。さらに、内定者フォローで、経営理念への教育をしっかり行なうことで、彼らの定着率を高め、企業の成長力を高めます。

このサービスの導入事例:初めての新卒採用でエントリーが1500人。

成功事例・ミワランド様の詳細情報はこちら

成功事例・ミワランド様の詳細情報はこちら



詳細情報やサービスに関しては、お気軽にお問い合せください。受付時間 平日10:00〜18:00 東京オフィス:03-6431-9480 大阪オフィス:06-6203-0222 福岡オフィス:092-434-0100 インターネットからのお問合せはこちら

TOP