私たちが提案する最強のナンバー2チームとは? 私たちが提案する最強のナンバー2チームとは?

「強い組織を作りたい」「人材が育たない」
そんなお悩みありませんか?

経営者の右腕は、探さずしてつくるもの。
今いる社員の中から「数字さん」「管理さん」「影響さん」「信頼さん」といった条件に当てはまる人材を選び、チームを結成。頼れる右腕を、チームとして育てましょう。

「幹部」とは
ひとつの組織やある活動の中心となる人のことを「幹部」と呼びます。

加えて、そんな幹部に成りえる人材として、「幹部候補生」や「幹部候補者」という言葉がしばしば使われます。

この言葉は、軍事や自衛における特定の役職を指すことが多く、企業における「幹部」の意味を含めた「幹部候補生」は「会社など組織・団体で、将来幹部として活躍を期待される者」という意味を持っています。
企業における「幹部」とは
「企業という組織の中心となる者」が幹部ということです。
一般的に管理職以上を「幹部」、取締役以上を「経営陣」と呼ぶことが多いのですが、業界や業種・規模・創業年数等によって、役職の呼び名の定義は様々です。

従業員数の少ない中小企業・ベンチャーは、そもそも取締役以上の役職を持つ社員が一人・二人もしくは居ないことが通常なので、株式会社ソリューションでは、以下と定義しています。

経営者=組織や事業の全体を把握し、企業における経営の責任を担う者
幹部=組織や事業の全体を指揮し、経営者が決断するための進言をする者たち

「幹部」に求められるもの

大手企業と中小企業・ベンチャー企業の大きな差は「規模感」です。従業員数の違いにより、マネジメントすべき社員の人数が増えると、マネジメントする側である役職者の人数も自ずと増えていきます。

つまり、「幹部」と呼ばれる人材の人数が異なるということです。そのことを踏まえ、大手企業の「幹部」と中小企業・ベンチャー企業の「幹部」は以下のような違いがあります。

中小企業・ベンチャーの場合
広い範囲の総合的な意思決定
結果や成果を少人数で達成
スピード感のある意思決定
主体性と実行力
大企業の場合
狭い範囲の専門的な意思決定
結果や成果を大人数で達成
正確な意思決定
チームワークと実行力

「幹部」の中にいる
「右腕:ナンバー2」の存在

中小企業・ベンチャー企業の場合は、そもそも「幹部」と呼ばれる役職を持つ社員が少ないことも多く、幹部層の離職や定年退職による役職の空席といった可能性を含めて、経営者に次ぐ役職を持っている人材が、必ずしも「経営者が一番信頼している有能な幹部」である右腕・ナンバー2とは限らない。

右腕 = ナンバー2 経営者が一番信頼している有能な幹部

「ナンバー2」にするべき人材とは

「幹部」にするべき人材を一言でいえば「専門的な分野のスキル・経験で、結果や成果を残している人」であると考えます。加えて、その幹部の中でも【ナンバー2にするべき人材】となれば、組織の中心となる者として責任が大きいからこそ、求められる結果や成果は多岐に渡ります。

経営者が理想とするナンバー2の役割
1.長期間、経営者が社内に不在でも、滞りなく会社をまとめられる
2.経営幹部・管理職の意見を取りまとめ、経営者に吸い上げる
3.会社の視点で経営者に意見を出し、意思決定に貢献することができる
4.会社の理念や経営者の考え方を経営幹部・管理職に伝え、浸透させる
5.経営者目線に立ち、社員や顧客に対して適切な指示・判断を出すことができる
6.会社の戦略・戦術を明示し、責任を持って全体の目標達成をする
7.会社の数字進捗を管理し、必要なタイミングで指針の変更を決定できる
8.競合他社の戦略や戦術を把握した上で、自社に落とし込むことができる
9.他の経営幹部と連携し、情報共有をしながら、会社の結束を促せる
10.社員や顧客からの信頼が厚く、適切な距離感を保ちながら人間関係を構築できる
11.適切なマネジメントで社員の成長を促進し、未来の幹部候補を育てる
12.社員のモチベーションに気を配り、タイミングに応じた関わり方ができる
13.適切な労務管理のもと、会社全体の心身の健康管理ができる
14.社内の人間関係に配慮しながら、働きやすい環境を維持する
15.社員の不満や不明に目を向け、改善のための施策を考え、実行できる
「ナンバー2」の役割を1人で担うのは困難!!
有能なナンバー2は1人であるという考え方を捨て、
ナンバー2チームをつくることが大切
「経営者が一番信頼している有能な幹部」が一人である必要はなく、むしろ、複数人いることが企業の成長に直結

「幹部」ではなく
「ナンバー2チーム」を作ろう!

創業から15年間以上、5000社を超える中小企業の経営者と関わり、様々な相談を受けてきたコンサルティング会社の弊社の見解として、「幹部」という役割を担う人材は4つの傾向に分類されると考えています。

数字さん
数字成績は No.1 だが、マネジメントができない
管理さん
マネジメントはできるが、数字成績を追えない
影響さん
仕事における影響力はあるが、経営者視点がない
信頼さん
部下や後輩からは好かれるが、仕事における影響力がない

この4つのタイプは、一人のキャパシティを考えると圧倒的な影響力と輝かしい実績を残すようなナンバー2になることは難しいですが、見方を変えると【圧倒的な強みを持っている】ということです。

それぞれの強みを最大限に活かし、ナンバー2チームとして、きちんと連携させることが企業が成長する大きな起爆剤になるでしょう。

「ナンバー2チーム」診断項目

あなたがNo2チームに求めることは?
Q1.
Q2.
Q3.
Q4.
Q5.
Q6.
診断結果を見る 診断結果を見る

診断結果

あなたの会社に必要なのは・・・
数字さん
【特徴】
プレイヤーとしてはピカイチで、数字成績は社内トップ。プレイヤーとして、部下や後輩に背中を見せることはできるが、自身の部下や後輩が同じように結果を出せなかったら、自分がやった方が早いという思考になりがち。過去に大きなマネジメントの失敗経験があり、育成に対する苦手意識を持っている。自分個人に対する責任感は強いが、部下や後輩に対する関わり力が弱い。

【経営者がやるべき関わり方】
☆育成ポイント
・本人の意思を確かめた上で、経営者が求めている役割を伝える。
・チームで目標達成しなければならない環境をつくり、部下が成長したら、No.2 を誉める。
管理さん
【特徴】
マネジメント力に定評があり、社内で団結力の高いチームを作っている。育成者として、個人よりもチームの達成にコミットするが、結局は個人も、チーム成績も未達になりがち。自身が個人の数字成績が出せていないからこそ、部下や後輩が悩んでいることにいち早く気づくことができる。育成に対する責任感が強く、部下や後輩に対する関わり力もあるが、数字を作ることができない。

【経営者がやるべき関わり方】
☆育成ポイント
・本人の自己評価を確かめた上で、チームで目標達成することの価値を伝える。
・組織全体をマネジメントしながら、No.2 と協力して目標達成のシナリオを描かせる。
影響さん
【特徴】
威圧的な性格、もしくは社歴や年齢による経験が豊富という理由で、社内に対する影響力が大きい。仕事に関する質問をしたら、的確な回答をくれる存在であるため、仕事においては部下や後輩に頼られる。しかし、その性格と経験ゆえに関わりにくく、部下や後輩 から人間性としての信用・信頼は薄い。その存在感から、自社の経営者と話をすることも多いが、経営者視点がなく、個人的な主観でワンマン傾向にある。

【経営者がやるべき関わり方】

☆育成ポイント
・本人に自身の影響力を自覚させ、経営者と定期的に情報共有できる環境をつくる。
・経営視点で掲げる数字目標を持たせ、自身の観点を社内に落とし込む機会をつくる
信頼さん
【特徴】
人間性が豊かで、社内の誰に訊いても「いい人」と評価されやす。基本的に話し上手や聞き上手な性格から、トップ成績ではないが、ある程度、顧客や仲間と良好に人間関係を進めることができる。部下や後輩の悩みを誰よりも早く拾い上げ、理解しようとしてくれる姿勢から、社内全体の相談窓口になっている。しかし、話は聴いてくれるが、答えをくれたり、代わりに動いてくれたりしないため、仕事においてあまり部下や後輩に信用・信頼されていない。

【経営者がやるべき関わり方】
☆育成ポイント
・本人のやりたいこと、会社に対する想いを確認し、仕事における強みを明確にする。
・本人の意見を聴くコミュニケーションを増やし、強みを活かせるマネジメントを任せる。
本を読んでみる
最強のナンバー2チームをつくれ!
会社を大きく成長させる、社員の強みを活かした人材育成
長友 威一郎(著/文)
「社内にナンバー2が欲しかったから、優秀な人材を採用したけど、失敗した・・・」そんな経営者様に読んでほしい一冊です。残念ながら、経営者が理想とする“15の役割”を果たすような優秀なナンバー2を採用すること・育てることは容易ではありません。実は、経営者様の多くが大きな【勘違い】をしています。それは“ナンバー2は【一人】でなければいけない”ということ。 あなたの会社にいる4つのタイプ「数字さん」「管理さん」「影響さん」「信頼さん」でナンバー2チームをつくるためにはどうしたらいいのか?本書ではそれぞれに必要な資質や資質を持った人材の見極め方、協力体制構築のポイント等を詳しく述べています。1000社以上の組織づくりに携わった中小企業経営コンサルティングのエキスパートが指南する、頼れる右腕をチームとして育てるノウハウをまとめました。
数字:
管理:
影響:
信頼: