19/06/22
【イベントレポート】紀伊國屋新宿本店・ジュンク堂難波店でセミナーを開催しました。

長友が執筆した書籍「“がんばる経営者”が会社をつぶす」の出版を記念して、
6月13日に紀伊國屋書店様、 6月22日にジュンク堂書店様に機会をいただいて、
社員様が強みを活かしながらいきいきと働ける会社づくりのポイントについてお話させていただきました。
セミナー内容を簡単にまとめたので、ぜひご一読ください。

≪セミナーレポート≫
まずは相互理解をし、“関係の質” を高めることから。
ポイントはコミュニケーションをとる前に、相手への「諦めの壁」を払拭すること。

社員が力を発揮し、協力し合える組織にするためにまず大切なのは、
「互いのことをよく知る」ことであり、経営者であれば、 社員のことをよく見ることです。
何が好きなのか?何が得意なのか?弱みはどこか?言われて嬉しいことは何か?嫌なこと は何か?等、

それを知らずに仕事を任せても、社員はなかなか力を発揮することもできませんし、
自主的に仕事をしようと することもありません。

S__19333122書店セミナー_190710_0003

※左:6月13日に紀伊國屋新宿本店様での様子 右:6月22日にジュンク堂難波店様での様子

「経営者様の中には、社員様のこと、幹部の方のことを知らずに仕事を任せて
『あいつらはだめだ』 『わかっていない』と言う方がいらっしゃいますが、
『それは社長が社員様の強みや特性を知らないからじゃないですか?』 と私はお伝えしています。」
と長友からはお話させていただきました。

そうすると「じゃあ、飲みに行ったらいいですか?」と言われる方も多いようですが、
もし社長が「こいつは前にこういう 失敗をしたから」とか「こういう性格だから」と、
過去の経験や出来事からその社員様についてレッテルを貼っているとし たら、いくらコミュニケーションをとっても意味はありません。

多くの場合、社員様は社長にレッテルを貼られていること を感じ取っているからです。
「だからこそ、社員様の強みや弱みを把握したい、関係性をよくしたいと思ったら、
まずは行 動より社員様への“諦めの壁” を取り払ってください。

冷静に、その方の今に向き合い『強みはどこか?』『3年後、5年後 にどうなってもらいたいのか?』を考えたうえで、
コミュニケーションをとらなければ、いつまで経っても社員様との距離 は縮まらず、
その方が力を発揮したり、会社に対して『貢献したい』という気持ちになったりすることはありません。」
ここは、 長友からの強いメッセージとしてお話させていただきました。

 

▼続きはこちら↓をご覧ください!

Download (PDF, 283KB)

無料メールマガジン登録

企業経営者必見の直球メルマガ 情熱社長倶楽部
購読者数15,000人突破!  情熱社長倶楽部は、10年以上配信している無料メールマガジンです。「社員がいきいき働いて成長できる会社づくり」のために奮闘している代表長友と社員両方の視点から、日々の実践内容や葛藤・気づきをお伝えします。

サンプルを見る

育成・採用・離職対策等、テーマ別にノウハウをまとめた資料が無料でダウンロードできます。

無料ダウンロード資料を見る

セミナーを随時開催しております。自律型組織をつくる方法や事例等をセミナーで学べます。

セミナー詳細を見る

ご意見・ご相談や具体的なサービス内容・料金のお見積もり等、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせをする