サービス説明

今、日本の中小企業には、
指示待ち組織が増えています。

実は、20世紀は、
指示待ち組織が上手くいく時代でした

「指示待ち」

与えられた一つの正解を、徹底的に行える力。

大量生産式

軍隊式

義務教育式

「物」から「価値」を売る21世紀は、
「考えて、正解をつくる」
時代に変わりました。

指示という「正解」を待つのではなく、
全員で考えて、動いて「正解」をつくれる
人や組織が今、求められています。

「 全員が共通の目的・目標に向かい
自身の成すべきことを見出して、
改善を重ねながら成果を出せる組織。

これを弊社では、
「自律型組織 」
と呼んでいます

こんなことが、日々起きていないでしょうか?

では、これらの問題は、
“なぜ”起きるのでしょうか?

実は原因は、一つではありません。

ほとんどの問題は
「複数の原因」と「複数の事情」が
複雑に絡まって、起きています。

原因ばかりを追求しすぎると

何から手をつければいいのかが
わからなくなり、泥沼にハマります。

だから大切なことは
一つの原因を探るよりも、
まずは一つの解決策に着手することです

ただ、もし今、
ひとりで悩んでいる状況から

あなたと共に真剣に悩んでくれる
社員たちが周りにいたら・・・

どうでしょうか?

「経営者は孤独だ」

と思いたくなるのは・・・

「自分は会社の課題が見えているのに、
社員は関心が薄い・・・」
と温度差を感じてしまうからです。

会社の課題に一早く気付き、
自分事として動いてくれる社員が
社内にいたとしたら

今の会社の状況は、
大きく変わるのではないでしょうか?

実は、どの会社にも
社内を変えるキーマンがいます。

ただし、
ほとんどのキーマンは、
その力を発揮できずに、
埋もれているのです。

その理由は
今までの社内でのコミュニケーションを通じて、
「諦めの壁」がつくられているからです。

諦めの壁をつくってしまったのは、
社内に存在する3つの違いが原因です。

①役職における「立場」の違い

例えば、「売上を出す」という一つの事実も・・・

立場が変わると、解釈が二つに分かれる

②業務における「役割」の違い

例えば、「クレーム」という一つの問題も・・・

役割が違うと、言い分も二つに分かれる

③個人における「価値観」の違い

例えば、仕事を進める上でも・・・

価値観が違うと、重視することも変わります

人が多く集まる「会社」という組織では、
この3つの違いが、多く存在します。

そのため、一つの出来事でも、社内では
お互いの「事情」と「解釈」が異なっています。

この3つの違いを理解しないまま、
お互いに意見をぶつけ合い続けると・・・

互いに
「この人とは、分かり合えない」
という相手に対する心の壁をつくり始めます

これを「諦めの壁」と呼びます。

人数が増えるほど、
「諦めの壁」も
増えやすくなります。

そして、
日々の業務の中で、
長年かけて年輪のように
諦めの壁は厚くなっていきます。

諦めの壁を長く放置されている会社ほど、
社員が互いに

組織になりやすくなっているのです。

そこで!

互いの諦めの壁を壊し、

良質なコミュニケーションで結び
組織に「信頼関係」を取り戻す。

それが弊社がご提供する

コミュニケーション ブリッジ マネジメント®

弊社は、
コミュニケーション ブリッジ マネジメント®
を通して組織に

を生み出すことで、
「 自律型組織 」
を貴社に築きあげます。

時間は、有限で、
企業にとって大きな資源です。

どれだけ早急に組織を変えられるかが、
会社の命運を分けます。

そのため、素早く組織を変えるために、
どの壁を先に壊し、
コミュニケーションの橋をかけるかの

「選択と集中」
が必要です。

まず、組織を変える
キーマンを探してみませんか?

弊社では…

に基づき、
貴社に埋もれているキーマンを探し当てます

結果を踏まえて、
そのキーマンが育つための
コミュニケーションの取り方も
ご提示いたします。 

よし!
じゃあ、まずは
自分が社員面談をやって、
キーマンを探してみよう!

そう思われたのなら、少しだけ、待ってください。

いきなり、本人に向かって
「会社の好きなところは?」と
堂々と聞くことはできますか?

社員は、その質問に
社長を前にして、
答えられそうですか?

多くの企業で、キーマンを探すことに
苦戦をするのは、

当事者同士だと、
質問しづらい・本音が言いづらい内容が
どうしても存在するからです。

質問の内容によっては、
「当事者」に対してと「第三者」に対してでは、
答える側の回答が、変わってきます。

弊社は、「第三者」の立場として

社員の本音を引き出し

会社に埋もれているキーマンと、
課題ではなく、本来持っている強み
を見つける、お手伝いをしております。

会社の問題ではなく、
会社の強みを見つけ出す診断サービス

「“強み発見”組織診断」

経営者・経営幹部での面談では盲点になりやすい
「社員様一人ひとりの強み」と「会社の強み」を見出し、
その会社独自の「社員様のやる気が上がる方法」を
具体的なステップを示しながら、お伝えします。

メリット

お客様の声

粗探しではなく、弊社の社員の長所や活かし方を真剣に考えてご提案して下さったことが伝わり、貴社の誠意を感じ受けました。

絶対本音を言わないだろうと思って送り出しましたが、そのMがここまで本音を出してくれるとは思いませんでした

うちの社員がなんだかすっきりした顔で面談から帰ってきた時は、驚きました。さすが、ソリューション!笑

価格表

社員数
インタビュー適用人数
モデルパック料金
~20名まで
4名
¥64,800
~50名まで
5名
¥162,000
~100名まで
10名
¥324,000
~200名まで
20名
¥648,000

お問い合わせ

お問い合わせ項目

お問い合わせ内容

会社名・組織名必須

役職名必須

名前(漢字) - 姓必須

名前(漢字) - 名必須

電話番号

メールアドレス必須

住所:郵便番号

住所:都道府県

市町村・番地・ビル名

組織診断後は、貴社の状況に合わせて、
オーダーメイドで自律型組織をつくる各種サービスをご提供いたします

【経営者向け】二代目社長の組織変革法

資料を見る

【経営者向け】古参社員育成

資料を見る

【経営者向け】離職防止対策

資料を見る

【経営者向け】朝礼で会社を変える!

資料を見る

【経営者向け】新卒採用強化

資料を見る

無料ダウンロード資料

無料ダウンロード資料
弊社では、経営者様からアンケートを取り、日々の経営で悩んでいらっしゃる課題に対して、自社やクライアント様の実体験より小冊子を作成しております。どの資料も無料でダウンロードできますので、お気軽にお読みいただき、日々の経営にご活用ください。 ダウンロードはこちらから

セミナーを随時開催しております。自律型組織をつくる方法や事例等をセミナーで学べます。

セミナー詳細を見る

ご意見・ご相談や具体的なサービス内容・料金のお見積もり等、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせをする